起床時の腰痛改善

朝起きると腰が痛い

朝起きて腰が痛い理由

腰痛に悩む方は実に多いと思いますが、特に寝起きに腰の痛みがひどく、そろりそろりとなんとか体を動かしているうちに治まってくる、という方がいらっしゃるのではないでしょうか。

人間の体は立っているだけで腰にストレスがかかっているので、本来なら横になっている睡眠中は腰を休ませるよいチャンスのはずです。

それなのに休息したその後に腰が痛い、1日の始まりという大事な時間を痛みに耐えつつ過ごさなくてはならない、というのは一体どういうことでしょうか。

このような腰痛について困っている場合、以下の原因が考えられます。
睡眠中は腰に負担もかからず、静かな状態を保ってはいるのですが、同じ姿勢をとり続けている状態であると言うこともできます。

筋肉はじっとしていると固まってゆく性質を持っています。普通の状態であれば、寝返りをすることにより、就寝中同じ姿勢をとり続けるということはなく、起床時に腰の痛みを感じることはありません。

しかし、寝返りが不十分な場合や、疲労の重なりによりすでに日常的に筋肉の柔軟性が落ちていて硬くなっている場合は、体の動かし始めに痛みを感じやすくなります。

特に朝は体温も低く、血流もまだあまりよくないので、筋肉が動きやすくなるまでの間痛みを感じてしまう人が多いのです。

つまり、人の体は寝返りを打つことで骨格の歪みだけでなく、体液や血液の流れも整え、疲労物質も排出するようにできているのですが、あまりに筋肉の疲労が溜まっていると、疲労を解消しきれずに筋肉が固まってしまい、寝起きの腰痛が起こってしまうということなのです。

それでは、どのような環境を整え、対策をとったら寝起きの腰痛は改善されるのでしょう。
寝具を見直したり、寝室の環境を整えたり、血流を促し筋肉をほぐすストレッチをするなど、できることはいろいろと考えられます。

まずは朝、布団の中で簡単にできるストレッチから見ていきましょう。

腰痛について困っているかたはこちら。